名義預金

お盆ということで相続がらみの話を一つ。

親が子や孫の名義で貯金口座を作ってこつこつと貯金している場合があります。
子や孫はその貯金の存在を知らず、親が亡くなってはじめてこんな貯金があるんだと気づくというケースは珍しくないですね。

でも、これはトラブルになる可能性を秘めています。

形式的には子や孫の名義なので贈与が成立しているとも思えますが、このケースで法的には贈与は成立しておらず、実質は親の財産のままです。

親が亡くなった場合、税務署からは親の相続財産に含まれる、と認定されるでしょう。
なぜなら、子や孫がその貯金の存在を知らないということは、親が通帳やはんこを管理してるのでありこれでは贈与契約の要件を満たしていないのです。
法的に贈与契約を成立させたいなら、通帳やはんこを預け、さらに贈与契約書を交わして保管しておくことが望ましいです。
加えて、親の口座からこの口座へ振り込む、というようにお金の移動がはっきりとわかるようにしておくと万全です。

親は贈与したつもりで安心していても、いざ相続が始まると贈与が否定されてせっかくの親心が生かせないということにもなりかねません。
相続対策を考えるなら税理士に相談するのが何よりです。

また、親が贈与したつもりの財産を自分の口座に戻したいと思っても、銀行から断られるケースがありますが、これは銀行の間違いです。
この場合でも税理士に頼んで説明してもらえると、銀行も納得してもらえると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA