空き家空き地

国交省が「空き家・空き地バンク」というサービスの運用を始めました。
http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo16_hh_000158.html

全国の空き家、空き地を検索できるサービス。
まだ参加している自治体は少ないけど。これから増えていけば使いようによっては仕事になりそうです。

田舎の方では、確実に空き家や空き地が増加中です。
そもそも人口が少ないので、利用しようという人も少ないのは当たり前。

となれば、都会の人が利用したいと思うように仕向けないと。

もっと自治体が積極的に空き地、空き家の解消のための施策を取って欲しいところ。

固定資産税の減免とか補助金とかね。
じゃないと、わざわざ田舎の土地を買おうというモチベーションになりにくいですね。

 

助成金いろいろ

助成金は知らないと損するだけ。
自治体に聞けば教えてくれるけど、聞かないとわざわざ教えてくれません。そんなにおせっかいじゃないですw

いくつか挙げてみます。

「高額療養費制度」
これは知ってる人は多いでしょうね。1か月の医療費が一定額を超えると超えた分を払い戻してくれる制度。
でも意外と知られていないのは、世帯員の医療費も合計できるってこと。
一人分だと限度額を超えなくても、他の同居の家族の医療費も合わせると限度額を超える場合。払い戻しが受けられます!

「医療費控除」
確定申告を毎年している人は知ってる制度。1年間に10万円以上の医療費を支払った場合所得から控除できます。
この医療費の範囲がけっこう広くて、歯科医の治療代や市販の薬代、病院への交通費も含まれます。

「障害年金」
これも意外と範囲は広いです。
精神疾患(うつ病、統合失調症)も含まれるし、白内障や緑内障といった目の疾病も含まれる。

この他にも、出産育児金や出産祝い金、耐震診断費用の助成・耐震補強工事の助成など。
各自治体によって固有の助成金を設けていることもあるので、居住する自治体に問い合わせるのが確実。
「〇〇についての助成金はありますか?」ってね。

 

ふるさと納税

今日はエイプリルフール、嘘をついてもいい日。
うそウソ。最近は下手なこと言うといっせいに叩かれるのでご用心。

さて、新聞でもテレビのニュースでも取り上げられてますが、ふるさと納税が変わるっていう話。
総務省が全国の自治体に通知しました。
「返礼品の調達額を寄付額の3割程度に抑えるように」って。

せっかく盛り上がってきたのに水を差すんだから、もう!

商品券や家電は送らないように要請もしてる。

ふるさと納税を取り扱っているサイトでは、一部の商品が掲載停止されてます。
これからは各地域の特産品がメインになるかもしれませんね。

ゴルフプレー券もなくなるかもしれないな。早めに寄付した「ほうがいいかもしれない。