警察で調書を取られた、完結編

昨日の続きです。

「警察で調書を取られた」⇒http://sharegoo.net/2018/06/27/%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E3%81%A7%E8%AA%BF%E6%9B%B8%E3%82%92%E5%8F%96%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F/

 

当て逃げされた翌日、さっそく警察署から連絡がありました。
「運転手さんがわかりました。調書を作る必要があるので警察署に来てください」と。

仕事が早いですね。

で、お昼ごろに警察署に行って、びっちり1時間もかかりました。。。
長かった。

まず現場検証、というか昨日の状況を再現。
同じ位置に車を停めて、写真を撮ったり、接触個所を確認したり。

そのとき相手の運転手さんと顔を合わせましたが、かなりのおじいちゃん。
自ら89歳だとおっしゃってました。なぜかうれしそうに(笑)

だけど謝罪のひとつもしなかった。
ぶつけた、という認識がないみたい。

で、驚いたことにこのおじいちゃん。
昨日、免許を返納した帰りに、自分で運転してぶつけたんだと。

マジか!

その発想がヤバイでしょ!
警察官に見つかったら、無免許だってすぐわかるのに。
もしかしたら、認知症なのかも。

 

で、その後は調書作成。

1対1で警察官から事情を聞かれ、それを警察官がパソコンで入力する。
コレが長かったな~。

仕事先の電話番号から、家族構成まで聞かれた。それ、必要?

ぶつけられてから逃げられるまでの状況を、事細かに聞いてくる。
警察官が慣れてないのか、文章を作るのに手間取ってた様子。
30代くらいの若い警察官。

そのあと、調書を読み聞かせられて、はんこを押して終了。

相手方の連絡先を教えられたんだけど、こっちからかけることはないね。
うちの車は13年乗ってるボロボロの車なんで、修理する気はないし。
相手の車は新し目で、傷もはっきりわかるくらいで修理するんでしょうね。
もちろん、相手が100%悪いので、私の保険は使わせませんけどね!

 

前からお年寄りの運転は怖いなあと思ってたけど。

もみじマークにはさらに注意しなきゃね。

ドライブレコーダーもやっぱりないと怖いね。

 

楽天ウェブサービスセンター

コメント

タイトルとURLをコピーしました