2020年を振り返る

2020年もあと数時間で終わり。

大みそかなんで1年を振り返ってみますか。
と言っても、1月のことなんてほっぼ覚えてないのでスケジュール帳を見返してみます。

2月に歯医者に通い始める―
上の歯8本を入れ歯にする大がかりな治療でした。
1月半ばからGW前まで3か月も通いました。
治療費20万円。。。長年のツケが回ってきたという感じ。

通い始めたころはすでにコロナが広がってきたころで、びくびくしながら通ってました。
このころはまだ情報が少なくて、とにかく外ではマスクを外さないようにしてました。
マスクをする習慣がなかったのですごくストレスだったけど、慣れましたね。

5月になると仕事がぱったりなくなりました。
いよいよヤバいかもと思いだした頃。
他人事だった持続化給付金、もしかしたらもらえるかもという雰囲気に。

6月になって5月の売上を計算したら、前年比半分以下に。
これで給付金の要件をみたすことになったので、準備し始めます。
6月9日にオンラインで申請、100万円頼む~という心境。

6月25日に振込確認。
これでなんとか今年はしのげる、と一安心したころ。

7、8月はとにかく暑かった、という記憶しかない。
自粛ムードでめっきり外出しなくなったころ。
この時期は鬱々としてました。
世の中全体のムードが暗いのをまともに受けてしまった感じ。
これはイカン!とトレーニングに励んでました。

9月半ばごろには残暑も落ち着いて、仕事も増えてきて。
このあたりで自分の気持ち的には回復傾向。
人に合わないと内省的になってどんどん内にこもってきてたけど、ようやく人と会う機会が増えてきたころ。
人と直に会って話すのは大事だなと再認識。

コロナに振り回された1年。
幸いにして私のいる地域は感染者が出たという話は聞きませんでした。
実際にはいたのかもしれないけれど。

それでもテレビのニュースでは毎日何人感染した、と知らせてくるので。
重苦しい雰囲気は拭えなかった。

それでも後半には、自分でできること、コントロールできることに注力するしかないと気持ちを切り替えることができました。
これは収穫。

コロナ対策をしっかりと取ったうえで、しっかりと仕事して稼ぐ。
それからお金をしっかりと使うこと。ちょっとくらいは無駄遣いもあり。
自粛だからってお金を使わないで家にこもってたら、まわりのお店にお金が回らなくなってしまう。
これじゃあダメなんですよね。
お金を使うってことは、自分だけでなく売る側の人も喜ばすことになる。

これってコロナに関係なく当てはまるな、と。

ネットショッピングは便利でいいんだけど、もっと身近なところでもお金を使わないといけないな。

話が飛びましたが、来年もしっかりと仕事しよう!という心境です。
来年は今年よりもきっといい年になるはず。

では、1年お疲れさまでした。良いお年を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました