警察で調書を取られた、完結編

昨日の続きです。

「警察で調書を取られた」⇒http://sharegoo.net/2018/06/27/%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E3%81%A7%E8%AA%BF%E6%9B%B8%E3%82%92%E5%8F%96%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F/

 

当て逃げされた翌日、さっそく警察署から連絡がありました。
「運転手さんがわかりました。調書を作る必要があるので警察署に来てください」と。

仕事が早いですね。

で、お昼ごろに警察署に行って、びっちり1時間もかかりました。。。
長かった。

まず現場検証、というか昨日の状況を再現。
同じ位置に車を停めて、写真を撮ったり、接触個所を確認したり。

そのとき相手の運転手さんと顔を合わせましたが、かなりのおじいちゃん。
自ら89歳だとおっしゃってました。なぜかうれしそうに(笑)

だけど謝罪のひとつもしなかった。
ぶつけた、という認識がないみたい。

で、驚いたことにこのおじいちゃん。
昨日、免許を返納した帰りに、自分で運転してぶつけたんだと。

マジか!

その発想がヤバイでしょ!
警察官に見つかったら、無免許だってすぐわかるのに。
もしかしたら、認知症なのかも。

 

で、その後は調書作成。

1対1で警察官から事情を聞かれ、それを警察官がパソコンで入力する。
コレが長かったな~。

仕事先の電話番号から、家族構成まで聞かれた。それ、必要?

ぶつけられてから逃げられるまでの状況を、事細かに聞いてくる。
警察官が慣れてないのか、文章を作るのに手間取ってた様子。
30代くらいの若い警察官。

そのあと、調書を読み聞かせられて、はんこを押して終了。

相手方の連絡先を教えられたんだけど、こっちからかけることはないね。
うちの車は13年乗ってるボロボロの車なんで、修理する気はないし。
相手の車は新し目で、傷もはっきりわかるくらいで修理するんでしょうね。
もちろん、相手が100%悪いので、私の保険は使わせませんけどね!

 

前からお年寄りの運転は怖いなあと思ってたけど。

もみじマークにはさらに注意しなきゃね。

ドライブレコーダーもやっぱりないと怖いね。

 

あおり運転

ニュースで話題になってます。

あおり運転されたことは何度かあります。
今回のニュースのように、無理やり停止させられそうになったことはありませんが。

とにかく後ろからあおられたときは、すみやかに脇に止まって追い越しさせた方がいいと思います。
たいていはこちらが遅すぎていらいらしてるパターンが多いでしょう。
なるべく関わり合いにならぬように。

相手も停止してこちらに向かってくるようなら危険です。
まずは車のロックを確認すること。
そして速やかに警察に電話できるように準備すること。

 

万が一に備えるなら、やっぱりドライブレコーダーをつけるべきですね。
なるべく音声も録音できるものがいいでしょう。確実な証拠になります。
事故を起こした時も自分に過失がないことを証明するのに役立ちます。